風俗嬢とのキスで恋に落ちた

自分のプレッシャーもありますよね

風俗で遊ぶ際、女の子は結構プレッシャーがあると思うんですよ。それもそのはず、彼女たちにとっては遊びではなく仕事なんです。ましてや男を満足させることが出来なかったら何を言われるか分からないじゃないですか。そもそも風俗のゴールはイクことなんです。それが出来ないとなれば仕事になっていないって判断されても仕方ないって思ったら彼女たちがプレッシャーがかかる仕事なのも良く分かるんですけど、でもお客にもお客なりのプレッシャーはありますよね。まず、イケるのかどうかというもの。これは女の子のそれとはまた違いますよね。風俗嬢とのプレイでは相性も大切だと思うんです。だから手が合わなかったり、あるいは微妙にずれている時には気持ち良いものの、発射するまでには至らないかもしれない…と感じてしまうこともあるじゃないですか。だからプレッシャーもありますけど、それらは結局はコミュニケーションが解決してくれるというか、それが唯一の解決手段ですよね。

特性的に納得ですよ

風俗は細かいことを挙げたらいろいろとあると思うんですよ。でも、大前提として「女の子が男を満足させる」という特性があるじゃないですか。満足させるためのプロセスが多種多様だからこそ、じゃあどういった形で満足させてもらうのか。その点を考えるのがある意味では風俗の醍醐味そのものだと思うんですけど、そんなことを考えつつ、自分なりに常に楽しませてもらっています。その中でも一番自分の好みにマッチしているのは性感マッサージですね。受けをとことん楽しめるし、性感マッサージの女の子だってたくさんいるんです。人それぞれのテクニックを持っていますので、やっぱり人それぞれ微妙に持っているテクニックも違えば、経験、考え方などいろいろなものがミックスされますので性感マッサージも十人十色なんです。その違いを楽しんだり、あるいは自分にマッチしている女の子との時間を楽しんだり。もちろん性感マッサージだってホームページがありますので探すのも楽しいですよ。